×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リーダーシップとは?

リーダーシップの定義

 

 

10日間で身に付く、リーダーの資質。

 

 

リーダーシップとは、

 

 

「集団の目標を達成するためにメンバーの力を結集する働きかけと動機づけ=指導・統率力」

 

「一定の目標を達成するために、個人あるいは集団をその方向に行動づけるための影響力の行使」

 

 

と定義されている。

 

 

 

リーダーシップとは、

 

2人以上の集団における集団現象であり、2人以上の集団が存在すれば、

 

必ずリーダーシップは生まれるものなのだ。

 

 

 

 

リーダーシップの特性

 

 

リーダーシップの要因としてはいくつか挙げられる。

 

 

・正しい物事を行う

 

・変革を生み出す

 

・解放する

 

・一体化を目指す

 

・方向を定める

 

・目的を重視する

 

 

簡単だが、簡単ではない。

 

まさしく「言うは易し、行うは難し」

 

 

 

上記からもわかるように、リーダーは人を支配するのではなく、

 

解放し信頼と目的意識によって

 

自発的な行動を促すことが必須条件である。

 

マネジメントとは?

マネジメントの定義

 

 

 

マネジメントとは何か? 

 

 

この質問に対しておそらく多くの人が「管理すること」と答えるだろう。ところがどうやら違うようなのだ。

 

 

マネジメントを発明したとされるピーター・ドラッカー氏

 

彼によると、「マネジメントをその役割によって定義しなければならない」とし,役割を三つ挙げている。

 

 

第一は,組織に特有の使命,目的を果たすこと。

 

第二は,仕事を通じて働く人たちを生かすこと。

 

第三は,社会の問題について貢献すること。

 

 

 

つまり、「組織の為に組織の人たちを生き生きとさせ,高度な成果を上げる」ことがマネジメントである。

 

 

 

マネジメントの特性

 

 

マネージャの要因としては

 

 

・物事を正しく行う

 

・環境を整える

 

・組織を作る

 

・スピードをコントロールする

 

・手法を重視する

 

 

といったところだろう。

 

 

つまり正確な判断力と決断力、豊富な知識が当然必要になってくるのである。


 

リーダーシップとマネジメントの違い

 

経営レベルでは、

 

リーダーは方向性を示す人であり、方向性とは理念や目標や戦略を意味する

 

マネージャーは、リーダーが示した方向性を実現するためにきめの細かい戦術を策定する役割である。

 

 

 

 

 

 

環境変化に対しては、

 

 

リーダーは計算されたリスクに基づき、改革する人であり、

 

マネージャーは予想されるリスクを回避し、改善していく人

 

 

 

関心の対象は、

 

 

リーダーは人に着目しメンバーを鼓舞したり、士気を高めたりすることに注力する。

 

マネージャーはシステムや機構に着目して、人をコントロールしていくことに注力する。

 

 

 

 

 

リーダーは結果に辿り着くまでのメンバーのモチベーションに気を配り

 

マネジャーは結果をきちんと出すための人・モノ・カネのやり繰りをする役割である。

 

 

 

時間軸としては、

 

リーダーは中長期的な視点を大切にして、

 

マネージャーは短期的な視点を重んじる。

 

 

未来志向と現実志向の違いと考えることができるのだ。

 

 

 

つまり、影響力の根源は、

 

リーダーは人望や属人的な要因などの権威であり、

 

マネージャーは地位や状況的要因などの権力と考えることができるだろう。

 

 

 

どちらが良いと言うわけではなく、どちらも組織には不可欠な存在である。

 

 

ただし、人により向き、不向きがあるものなので選定には十分な調査が必要になってくる。

 

 

 

スマートフォンとは?